545
 今回のテーマは白からの手の付け方です。A~Dについてやっていきます。
 いつものように虱潰しに研究してこの構えを丸裸にしていきましょう。長くなりそうなので何回かに分けて研究します。

548603
(左図)白1に対して黒が手を入れるなら黒2が手厚い一着。
(右図)もし手を抜いて、白3と追求してくるようなら黒4と手を戻しておいて問題ないでしょう。

550
 白1に対しては黒2、白3、黒4とこちら側をオシていくのがおすすめ。ツケから白にサバキ形を与えますがもともと手があったところなので黒にとっても特に問題ありません。
554
 白1とツケられるとこうなる可能性が高いかもしれません。黒Aと一着入れると手厚いですが、他に忙しいところがあるなら省くことができます。

555557
(左図)白1には黒2、4とツケ切っていきたい気がします。しかし力比べになりがちで、この先の展開がはっきりしません。良い手には違い有りませんがこの先の展開が難しくなります。
(左図)若干利かされ感はあるものの、個人的に白3には黒4でいいと思います。黒4に白ツギなら、フクレて黒が好形です。白5と動き出してきたら黒6。白7で白8なら、白5の下をハイます。

558559
(左図)白1と最強にこられても大丈夫。黒はシボられながら形を整える筋があります。この図はほとんど互角。
(右図)左図白7のときに白1と緩めるのは、黒2を利かされていけません。

560561
(左図)白1に黒2と応じるくらい。右辺の利かしの分だけ本来の図より黒が得になっています。
(右図)左図の白1でこちらがわを出るのは、黒2と打たれてツブレ模様。ダメが詰まっているため黒2に白Aと抑えることができません。



このブログに関して、ご意見やご要望、扱って欲しい戦術などあればよろしくお願いいたします。
コメントもお待ちしています。